久米島 島暮らしガイド

久米島町民と移住希望者のための
久米島でのくらしが豊かになる
情報ポータルサイト

久米島の企業の魅力を知る

『マリンを通じて島の魅力を届ける』アイランドエキスパート

久米島と言えば、綺麗な海。

毎年多くの観光客がその美しさを求めて島を訪れます。

アイランドエキスパートは久米島の海の魅力を届ける企業。

マリンスポーツやハテの浜ツアー、スノーケリング、ダイビングなどのサービスを行っています。

 

「海水浴、マリンでこんなに楽しめる島は無いんじゃないかなって。それは誇りに思いますね。」

そう教えてくださったのは神奈川県出身、チーフマネージャーの岩本大介(いわもと・だいすけ)さん。何度も何度も久米島に遊びにくるうちに、久米島が好きになり、そんな折に(今の)仕事をしないか?と誘われ久米島に来ることになったそうです。

 

「久米島はすべてそろっている。ハテの浜もありますし、綺麗なビーチもある。海に潜ったら、ハンマーヘッドやマンタ、ジンベエザメ、クジラなど大物もいますし、地形も面白い。トータルでそろっているのは久米島。これが宝物。」

「久米島には大都会から遊びに来るお客さんが多い。また来るねって言えるようなガス抜き、癒しの場所なのかなと。都会にない、ゆったりとした流れが久米島にはある。とても素晴らしい島なので、それにプラスでマリンを楽しんでいただければと思います。」

 

アイランドエキスパートが大切にするのは、一にも二にも安全管理。その土台があってこそのマリンだと言います。

 

「安全管理は絶対に妥協をしてはいけない。限りなく安全な状態でやる。ただ、最悪な状態にも備えないといけないのでトレーニングは欠かさずやっています。徹底的な安全管理の下、マリンを提供する。それが弊社の使命だと思います。」

危険と隣り合わせの海だからこそ、徹底的に安全を追求する。安全の土台の上にしか、マリンスポーツは成り立たない。そのこだわりは一つ一つのツアーにも宿っていました。

 

「例えば、うちのスノーケルツアーでは、資格を持ったインストラクターの指導の下、必ず講習を行っています。そこが他社とは違いますね。安全に泳ぐこと、正しいスノーケルの使い方を学んでいただいて、スノーケルを楽しめるようになってほしいと思っています。」

 

スノーケルツアーはお客さんの満足度も非常に高いそう。「ありがとう、最高に楽しかったよ!」そんな風に言ってくれるお客さんがほとんどだと言います。

 

「ディズニーランドのような接客を目指しています。」

そう教えてくださったのはアイランドエキスパート代表の久米浩二(くめ・こうじ)さん。

 

「久米島はリゾート地。お客様にとってはある意味、夢の国のようなところだと思っています。そういう想いでお客さんといっしょに楽しめるような会社にしたい。『あそこのスタッフ楽しそうだね』と言われていたら、それがビジネスになっていくというのが自分の想いですね。」

 

世界中の海に潜ってきた中で、久米島の海に魅されたという久米代表。久米島の海を誰よりも愛し、お客さんと一緒に楽しむからこそ、届けられるものがあるのだと思いました。

 

スタッフの藤戸千嘉さん。観光客として久米島に来たことをきっかけに2015年の6月頃に移住されたそうです。

「お客様の笑顔を受け取れる仕事です。海の良さを本当に体感してもらえた時の喜んだ顔、それを見ると嬉しくなるので、頑張りがいがあります。」

 

繁忙期の夏場はやはり、ものすごく忙しいらしい。それでも、この仕事をやり続けられるのは、お客さんの笑顔があるからみたいですね。

 

最後に、今後の目標を岩本さんに伺いました。

「久米島をもっとメジャーに出来るように、マリンを通じて久米島をアピールしたい。そのためにも、来ていただいたお客様すべてに、事故なく、喜んでもらえる努力をして、それを継続することが目標ですね。その継続が島の発展に通じると信じています。」

久米島の海の魅力を観光客に届けるお仕事。その仕事は『お客様を喜ばせたい』、そんな想いで働いている魅力的なスタッフの方々によって支えられているのだと感じました。

求人はこちら

インタビュー:岡本耕平