久米島 島暮らしガイド

島んちゅと移住希望者のための
久米島でのくらしが豊かになる
情報ポータルサイト

【ドリー部チャレンジ】第3回子育てカフェを開催しました!

6月17日(土) 「久米島ドリー部チャレンジ」の住民チームの1つ”くがに子育て”が主催する「子育てカフェ」が開催されました。島コンもお手伝いしてきたので、当日の様子をレポートいたします。

当日は、お父さん・お母さん、子どもたち合わせて約8名の方がカフェに訪れていました。

今回は少人数のため、ワークショップではなく、みんなでお茶やお菓子を食べながらの座談会をメインとして開催しました。座談会では、スタッフが5月に参加した沖縄県内のこども園の視察の話から、こども園についての意見交換を行いました。以下、その意見の一部をご紹介し、当イベントのご報告とさせていただきます。
***

「こども園」とは?
…教育・保育を一体的に行う施設で、いわば幼稚園と保育園の両方の良さを併せ持っている施設のこと
(詳しくはこちら→内閣府HP:認定こども園とは

 

現在、久米島町ではこども園を新たに開設することを検討中で、5月に教育課・福祉課・久米島町子育て会議で県内のこども園の視察に行われました。くがに子育てチームのスタッフの1人が子育て会議のメンバーでもあるので、視察で感じたことや気づいたことについてお母さん達と情報共有をしました。

情報共有のあとの意見交換では、こども園に関して以下のような意見が挙げられていました。

◆「子ども園ができたときの料金は?」
◆「教育はどう変わるのか?」
◆「人員体制はどうなるのか?」
◆「こども園ではなく、2年幼稚園の可能性はないのか?」

等、様々な不安の声や意見がありました。

意見交換を通じて感じたのは
「物事が決定してからでなく、決定前に住民へ説明会をしてほしい」
というのが、強い要望としてあるということでした。

 

~おぼえがき~

今回の意見や説明会の要望については、カフェ終了後に福祉課の担当者へと共有しました。
担当者は「方針等が決まり次第、説明をしていきたい」と話していましたので、説明会などの今後の動きがあった際には、くがに子育てチームとしても広く保護者のみなさんに伝えるお手伝いや、会に参加して一緒に考えるようにしていきたいと思います。上江洲

*次回の子育てカフェは7月22日(土)10:00~11:30開催予定。場所は久米島町子育て支援センター「にじのひろば」(字仲泊862-33 そらなみ保育園内)です。*

「子育てカフェは、日頃子育てを頑張っているお父さん・お母さんのために、子どものこと・子育て環境のことをゆっくりお茶をのみながら交流し、子育て世代の声を集め、子育てしやすい島になるように、という思いから開催しています」(”くがに子育て”チームより)