久米島 島暮らしガイド

島んちゅと移住希望者のための
久米島でのくらしが豊かになる
情報ポータルサイト

ダミー画像

生活について

Q.物価はどんな感じ? 

A.輸送費がかかるためガソリン・日用品・食品などの物価は全体的に高めですが、地元で採れた野菜は安いです。家庭菜園をしている人や釣り好きの人も多いので、ご近所から野菜や魚のお裾分けを頂くことも。また、施設やレジャーでは島民割引が利用できる場合もあります。

Q.生活費はどのくらい?  

A.夫婦2人(30代前半)+子2人(未就学)の例

家賃(アパート3LDK)50000円
水道光熱費(夏のエアコン代が高い)16000円
食費 70000円
ガソリン代(車2台)20000円
保育料(2人分)39000円
雑費 30000円

合計225000円

そのひとのライフスタイルによって生活費は変わりますので、
移住に向けて計画的に貯蓄をしておくなど、準備をしっかりしましょう。

Q.「島民割引」はありますか? 

A.久米島町内に居住し住民登録を行っている方は、「沖縄県離島住民割引運賃カード」 を役場町民課で発行すると、各種島民割引を受けられます。
割引例:空路 那覇◀︎▶︎久米島の普通運賃が片道5,100円。 
    航路 那覇◀︎▶︎久米島の運賃が往復4,230円
島内各所で島民割引適用時に提示を求められることが多いので、持っていると便利です。

Q.ATMはありますか? 

A.金融機関ではJA銀行、琉球銀行、ゆうちょ銀行があります。また、島内2軒のコンビニで各種銀行のATMが利用できます。

Q.買い物は不便ではないですか? 

A.点在する個人商店の他、野菜直売所、スーパーと大型ドラッグストアや生協の宅配サービスがあります。その他、衣料品店やホームセンターもあり、生活に必要なものはおおかた揃います。島で手に入らないものはネット通販やネットスーパーを利用するか(離島料金に要注意)、那覇に行く際に買い出しをしてくるという方が多いです。

台風や高波の時に物流がストップすることがあるので、天気予報と家の在庫をよく見ておく必要があります。また、ネット通販では品物によっては船便になり届くまでに時間がかかるため要注意です。

Q.保育所、幼稚園、小学校、中学校、高校はありますか? 

A.あります。数は以下です。
認可保育所・保育事業 5
幼稚園 2
小学校 6
中学校 2
高校 1

Q.学童保育はありますか? 

A.久米島町には現在、一般的に学童保育と呼ばれる施設はありませが、
幼稚園児を対象とした「預かり保育」や小学生の放課後居場所づくりを目的とする事業「放課後子ども教室」はあります。
詳しくはくらしの「教育」ページをご確認ください。

Q.病院などの医療機関はありますか? 

A.あります。数は以下です。
公立病院 1
診療所 1
歯科医院 2

Q.インターネット環境はどうですか? 

A.全島wi-fiを実施しており、島内の主要施設周辺では公衆wi-fiを受信することができます。
家にインターネットを引く際には島内のNTTで手続きをする必要があります。(光回線が整備されています。)

Q.交通の便はどうですか? 

A.町営バスがありますが、本数が少ないので車があると便利です。
町営バスの時刻表・運賃表・路線図は町のホームページをご確認ください。

Q.地域の活動とかはありますか? 

A.久米島には字(あざ)と呼ばれる地区ごとの自治会があります。
自治会では地区の清掃活動や季節ごとにイベントを開催しています。 自治会の入会は任意ですが、入会には、一般的に月に500円〜1,000円程度の自治会費が必要となり、集めた会費は地区の公民館運営や集落内清掃、街灯の整備、地区のイベント運営などに使われます。

Q.台風はどうですか? 

A.毎年平均2個〜3個ほど久米島にも台風が接近します。
台風接近・通過中は外に出るのも難しくなるため事前の備えが大切です。
例えば、台風によって2,3日停電や断水があったり、フェリーの欠航でスーパーが品薄状態になる場合があるので、台風が近づく前に家の食材事情を確認し買い足したり、氷をクーラーボックスに入れて冷蔵庫代わりにしていたりします。