久米島 島暮らしガイド

久米島町民と移住希望者のための
久米島でのくらしが豊かになる
情報ポータルサイト

共創の種を見る:久米島でマグロ漁師になりたい!弟子入りさせて下さる方を探しています

マグロ漁師として弟子入りさせて下さる方を探しています 

今回は、久米島の漁師さん宛の募集です。マグロ釣り漁師として、弟子入りさせて下さる方を探しています!明るく朗らかなお人柄の方でした。

 

自己紹介 

熊本出身の橋村と申します。年齢は46歳。
現在、沖縄を長期旅行中ですが、その前は熊本市内でスポーツバーを10年ほどやっていました。前回のワールドカップが終わったぐらいに店を閉めて、 その後沖縄を回って1年ぐらいですかね。その前は東京や埼玉にいたり、お金を貯めて長期旅行に行っていたりしました。

実現したいことインタビュー 

どのようなことを実現したいのか、想いを聴いてきました。(聴き手:石坂)

「昔の想いがむくむくと」

(石坂(以下:石))「漁師さんになりたいと思ったきっかけは何ですか?」

 

(橋村さん(以下:橋))「25、6ぐらいから漠然とですが、海の仕事をしたいなと。その時に船の免許を取ったんですよ、いずれやるだろうと思って。こっちで修行なりをさせてもらえるようになった時には、1級に進級してからこようかなと思っています。

 

沖縄でマグロが穫れるというイメージはなかったんですが、沖縄を旅しながらも漁師さんとちょっとした話をする機会があったりして 、釣りでマグロを獲っているんだと知りました。それで、昔の想いがむくむくと湧き上がってきて。あと寒いのが嫌いなんで、雪が降るところはちょっと厳しいなと(笑) 。なので、これだ!と思って。」

 

(石)「釣りは前からしていたんですか?」

(橋)「そうですね、海はもともと地元が近いんで、小学校3、4年生ぐらいから海や川池などで釣りをしていました。こっちでいう打ち込み釣りとか、地元で磯釣りをしたり。ブリなどの青物やヒラメなどを狙ったりしていました。

 

久米島でも釣りをして、イシミーバイなどを釣ったんですけれども、地元の中学生がここは餌の方がいいですよ、どこどこが釣れますよと教えてくれたりして(笑)」

 

「いずれは独立したい」

 

(石)「久米島に来ての印象はいかがですか?」

 

(橋)「思ったよりも広いなと。高校や大型ドラッグストアがあることにびっくりしました(笑)。物欲もそれほどないので暮らしていける気がします。規模感としては、自分の田舎の方にも似てる気がします。 物価も想像より意外と安くて、暮らしていけそうだなと思います。」

 

(石)「理想のライフスタイルのようなイメージはありますか?」

 

(橋)「船を買って独立するまでは何とも言えないですが、島の方針に沿ってチャレンジしたい事はいくつかあります・・・。

 

まずは弟子入りさせてもらえたら、生活のリズムは合わせるしかないと思ってます。

 

なるべく早く独立したいので頑張ります!

 

弟子入りさせて下さる方、ご連絡お待ちしています 

マグロ漁師として弟子入りさせて下さる方、興味をお持ちくださった方がいらっしゃれば、まずはお話ししてみませんか?以下よりご連絡頂けれえば幸いです。

お問い合わせ・ご連絡先

島ぐらしコンシェルジュ・くめじま共創局(担当:石坂)
098-894-6488
info★shimagurashi.net(★→@に変えてメール下さい)