久米島 島暮らしガイド

島んちゅと移住希望者のための
久米島でのくらしが豊かになる
情報ポータルサイト

共創の種を見る:週一から飲食店経営に挑戦できるシェアカフェで、カフェ経営に挑戦してみませんか?

シェアカフェをやりませんか? 

久米島のイーフビーチにある「Reggae Bar SPIRAL (レゲエバー スパイラル)」で、シェアカフェを始めてみませんか?

 

シェアカフェとは、一つの店舗空間を複数の人でシェアしながら利用していくレンタルスペースのことです。

 

お試しでカフェや飲食店をやってみたい人、自分で作っている雑貨や商品を販売したい人、何か楽しいことをしたい、新しいことにチャレンジしたいという人にぴったりな仕組みです。

 

くめじま共創局では、久米島でシェアカフェを立ち上げ、お店を開いてみたい人を探しています!

 

発起人のご紹介 

発起人は、久米島でレゲエバー『久米島珈琲 Spiral(スパイラル)』を経営する森島喜一(キイチ)さん。移住されて30年ほどにもなる、大先輩です。
【関連】しまんちゅインタビュー「久米島へIターン☆森島喜一さん」

実現したいことインタビュー 

どのようなことを実現したいのか、想いを聴いてきました。(聴き手:岩崎、石坂)

「自分の夢の入り口を、この場所で確認できるようにしたい」

(石坂(以下:石))「シェアカフェをやりたいと思った理由について聞かせてください!」

 

(喜一さん(以下:喜))「やっぱり、移住者が増えたら良いな、久米島に来てほしいなと思っていて。で、移住者って夢とか、「今までの生活を変えたい」って思って来る人が多いから、自分の想いや夢を移住先で実現できる場所があったらいいな、と思ってたんだよね。それがあれば、「久米島に移住したい」って思う理由の一つになるかな、と思って。

 

で、商売となると敷金、礼金、機材なんかが色々必要だから、いきなりやり始めるにはハードルが高い。だから、まず自分の夢の入り口を、この場所で確認してもらえるようにしたい。

 

一回シェアカフェでやりたいことを試してみて、ここで様子を見ながら、自分が「これがしたかったんだ」、「やっぱりこれがしたい!」と思ったら自分でやればいい。そんな場所にしたいな、というのがひとつ。

 

あとはやっぱりほら、 みんなが集まる場所をつくりたい、てのもあるね。「おいで」って言ってもなかなか来ないでしょう。 でも、自分の夢を試せる場所とか、やることがある場所なら、やっぱり来るわけだよね、この場所に。

 

そこから偶発的に何か面白いものが生まれる可能性だってあるし、それを僕も刺激にしたい。そんな企みですよね(笑)。」

 

「想像力とコラボレーション」


(岩崎(以下:岩))「喜一さんの仰るように、「何かお店をやりたい」て移住希望者さんにもいるのですが、イチからお店を探して、契約して・・・ということを考えると、お金もかかるし「失敗したらどうしよう」なんて考え始めます。そうすると、中々人は来れない。だから、そういうお試しはできるのは大変ありがたいな、と思います。」

 

(喜)「うちで何かする時に必要なのは、自分の想像力だけだから。

 

例えばこの店で花屋がしたい、と思ったら、花を飾るという売り方をしたりとか、いろんな方法を考えるわけでしょう。後々自分の店を持っていくときに、自分の間口とか、キャパシティを広げることにもなるんじゃないかなと思います。」

 

(石)「花屋用にこの店ができていないからこそ、色々創意工夫とか発想の転換をしていける。「いかに面白い店を作るか」っていうように、発想が広がるっていうのが面白いんじゃないか、ということですよね。」

 

(喜)「そう。あとは、皆でコラボレーションする面白みもあるんじゃないかな。

 

今ここで昼パン屋さんをやっているCさんも、今テーブルにパンを置いて売ってたりするけれども、何か売る人が3人集まれば、それぞれみんなで協力してスペースを作っていけるよね。棚を作って商品並べて売ったりとか。皆で一つのアートができる

 

リアルな話で言うと、パン屋さんだけやっていたんじゃ、パン目当てのお客さんだけしか来ない。花屋をやるんなら、花が目当てのお客さんだけしか来ない。だけど、花とパン屋が同じ店にあれば、お互いのお客さんを紹介しあえる。

 

一人で飲食店をやるなら、コーヒーを仕入れて、パンを作って、カレーを作って・・・何でも一人でやらなきゃいけない。来たばっかりでそれはきついでしょう。海遊びなんかできんよ(笑)。 だから、お互いの出来ることを持ち寄れるといいな、と。」

 

向いている人、向いていない人

(石)「こんな人と一緒にやりたい、というのはありますか?」

(喜)「自分のことをそれぞれ発信したいという人が面白いかな。「自分のこと」でいいのよ。何かしら発信したい!やってみたい!という想いがある人。」

 

(岩)「例えば3ヶ月ぐらい生活のゆとりがある人で、ちょっと店をやってみたい、という人でも良いですかね?転職みたいに次の仕事の合間がある人とか、長い休暇をとれた人とか。」

 

(喜)「そうだね。スケジュールはみんなで決めればいいし。物販だったら店やってる傍に商品を置けばいい。

規格外って面白いよね(笑)。規格内だったら規格内のことしか起きないから。規格外の事を言ってくれる人が面白いな。この店の中で花火する、とかでもいいかもしれない(笑)。どうする?囲う?とか(笑)

 

できなそうなことでもどうやったらできるか、みんなで話しながら考えていける人がいいな。そういう話がしたい。俺もここまで来てるから規格内のことはもういいや(笑)。

 

でも、「いくらもらえますか?いくら稼げますか?」とかいう人はちょっと向かないかなあ。

 

あと、具体的な運用方法なんかは話し合いながら決めていくことになるから、皆とうまくやっていける人とか、話し合いながら運用を変えていける人がいいなあ、と。俺も運用方法決めたり、料金決めたりなんかは苦手だから助けてほしい(笑)。」

 

詳細 

店舗情報

レゲエバーSPIRAL
住所:沖縄県島尻郡久米島町比嘉160-45
電話番号:098-985-7548

 

お問い合わせ 

まずはお話ししてみませんか?

お問い合わせフォームより連絡先を明記の上「「くめじま共創局」へのお問い合わせ」をお選びいただき、「シェアカフェについて」とご記入下さい。