しごと

久米島 島暮らしガイド

島んちゅと移住希望者のための
久米島でのくらしが豊かになる
情報ポータルサイト

自分で仕事をつくる

起業や就農、就漁など、自分で仕事をつくりたい人の為のページです。

 

1.起業する 

起業、創業に挑戦したい方向けの支援をご紹介します。

久米島町内の支援

久米島町には、創業支援に関する相談窓口があります。

創業支援コーディネーターによる起業・経営相談窓口を毎週水曜日、
午前 10 時~午後 5 時まで開設しています。
・相談は無料です。お気軽にご相談ください。
・相談については事前にお申し込み下さい。

詳細、問い合わせ先:久米島町創業支援相談窓口(久米島町商工観光課内)

〒901-3124 沖縄県島尻郡久米島町字仲泊962-2 あじまー館内 
TEL 098-851-9162 

沖縄県の支援 

2.就農する 

基本フローは
土地の取得→利用権の設定→農作物を育てる→出荷→確定申告 です。

2.1 農地の取得

農地の取得には次の手段があります。
   ・不動産屋から買う(参考:久米島リゾート不動産)
   ・人づてに借りる  
   農地中間管理機構に相談 (連絡先:久米島町産業振興課 農業委員会内
               ℡:098-985-7131)  
    ※畜産の場合は家畜の名義取得が必要です。
   ※土地によって土壌の質が違うので、どんな作物が作れるかは土地次第になります。

2.2 利用権の設定

個人や法人の方が、耕作目的で農地を売買又は貸借する場合には、一定の要件を満たし、原則として農業委員会の許可を受ける必要があります。
詳細:農林水産省ホームページ「農地の売買・貸借・相続に関する制度について」
担当:久米島町産業振興課 農業委員会内 農業委員会(℡:098-985-7131)まで
   お問い合わせ下さい。


2.3 農作物をつくり、出荷

農地で作物を育て、出荷します。

2.3.1 農業指導を受ける

農業に関するアドバイスは、沖縄県南部農業改良普及センター からの駐在員さんや、指導農業士さんも相談にのってくれたり、研修を提供してくれたりします。 久米島町産業振興課(℡:098-985-7131) までお問い合わせ下さい。

2.3.2 組合に入る

久米島町である農協は2種類です。
・花(電照菊など)→沖縄県花卉(かき)農協
・サトウキビ、畜産、野菜など→JAおきなわ
※加入は必須ではなく、販路などを自分で開拓し販売されている方も
いらっしゃいます。 

2.3.3 助成金について

以下のような助成金があります。
申請方法など詳細の問い合わせ先は
久米島町 産業振興課: ℡098-985-7131

■ 青年就農給付金 (経営開始型) 「人と農地の問題」解決に向けて、青年(45歳未満)の就農意欲の喚起と就農後の定着を図ることを目的に、 経営が安定するまでの間、最長5年間、所得に応じて年県最大150万円を給付

■ 新規就農一貫支援事業 (初期投資支援) 新規就農者の経営安定に必要な農業機械、施設などに関わる費用の一部を助成

2.3.4 その他 Q and A

Q.農業法人へ就職、という道はあるのか?
→農業法人はあるが就職は難しそう 農業法人などは10以上存在するが、さとうきびの請負系の法人である 高齢化も進んでおり、雇用などは難しそう。

Q.その他何かアドバイスがあれば
A.「専業で農業したい方でも、はじめは兼業から着手し、人脈や経験を培ってからの方が良いかもしれません」とのことです。

3.就漁する 

就漁に関しては、特にハードルが高いようです。
基本的には先輩漁師の元で修行し、経験や水揚げなどを加味し准組合員→正組合員に
なっていく流れとのこと。

本気で漁業をしたい、という方は、久米島漁協さんにご連絡下さい。