久米島 島暮らしガイド

久米島町民と移住希望者のための
久米島でのくらしが豊かになる
情報ポータルサイト

【10/18(木) 東京】人口1万以下の小さな社会で手ごたえを感じながら働きたい君へ

【10/18(木) 東京】人口1万以下の小さな社会で手ごたえを感じながら働きたい君へ


こんにちは、久米島 島ぐらしコンシェルジュの石坂です。

今回、僕の友人であり、僕が以前住んでいた海士町時代の仲間であり、尊敬する先輩である、高知県土佐町のNPO法人SOMA副代表理事
大辻雄介さんと一緒に、
それぞれの地域で共に働き暮らしてくれる仲間を探すための
イベントを開かせて頂くことになりました。

「都会でのキャリア→人口2300の離島へ→それぞれ人口1万以下の町へ移住」という
共通点を持った僕らが、人口1万人以下の小さな社会で
暮らし働くことの魅力をお伝えします。

皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

当日の内容(予定)

こんな内容についてご紹介するつもりです!

・沖縄県久米島町、高知県土佐町ってどんなところ?

・3僻地物語~隠岐・海士町、沖縄・久米島町、高知・土佐町、それぞれの生活環境と文化、ライフスタイルの違いとは?~

・人口10000人以下のそれぞれの地域で働き暮らすおもしろみとは?

・人口10000人以下のいなかで培われるスキル、キャリアとは?

・自分にあった地域や仕事に出会うポイントとは?

自己紹介

大辻 雄介(おおつじ ゆうすけ)

慶應大学経済学部出身。大手進学塾・予備校にて算数/数学を指導したのち、ベネッセコーポレーションに転職。ICTを活用した教育の新規事業開発を担当する。遠隔授業サービスにおいて同時接続1万5千人の授業を実践。2013年ベネッセを退職し、隠岐に移住。「島前教育魅力化プロジェクト」に参画。公立塾のマネジメントや教育ICT活用の推進に従事する。2017年度より土佐町のNPO法人SOMA副代表理事を務める。JBpressコラムニスト。総務省地域情報化アドバイザー。

石坂 達(いしざか とおる)

1985年生まれ。埼玉県出身。東京農工大学農学部卒業後、東京のERPパッケージメーカーでコンサルタントとして3年半ほど勤務。 同期からの紹介で海士町の株式会社巡の環に転職、 地域づくり・教育事業コーディネーターとして働く。 現在は沖縄県久米島町で、移住定住推進の相談窓口「島ぐらしコンシェルジュ」として働きつつ、自治と成熟社会を目指すまちづくり会社を立ち上げようと準備中。キャンプが好き。

詳細

日時:10月18日(木)19:00-20:00
会場:リトルトーキョー 2階
(東京都江東区三好1-7-14)

参加費:無料
主催:久米島 島ぐらしコンシェルジュ
協力:NPO法人SOMA 
問い合わせ:久米島 島ぐらしコンシェルジュ(担当:石坂) info@shimagurashi.net/098-894-6488(火-土 10-16時)

交流会

このイベント後の交流会として、しごとバー「海千山千ナイト」を開催します!
お時間のある方は引き続きご参加下さい。
詳細:海千山千ナイト

お申込み

以下フォームよりお申し込み下さい。